次はマックイーンかテイオーか G1初代王者キタサンブラック 2017年大阪杯

本日(2017年4月2日)、阪神競馬場で大阪杯が実施された。昨年までG2の産経大阪杯と呼ばれ、春の天皇賞のトライアルレースのようだった。レジェンドと言える馬たちも出走したことがあり、伝統的なレースの一つとも言える。今年からG1に格上げされ、通算で61回目とはいえ、新設G1の第1回目のようだ。

 

それに相応しいレースだったと言えるだろう。キタサンブラックが勝利し、見事1番人気に応えた。昨年のジャパンカップとは異なり、ステージ上での「まつり」の披露はなかったようだ。しかし、個人的には見応えのある内容であり、結構楽しめた。

“次はマックイーンかテイオーか G1初代王者キタサンブラック 2017年大阪杯” の続きを読む

結果的にゴールドアリュールへの鎮魂レース 2017年フェブラリーステークス

本日(2017年2月19日)、東京競馬場でフェブラリーステークスが行われた。2017年のG1開幕となり、競馬ファンにとっては、待ちに待ったことかもしれない。

 

レースは、2番人気のゴールドドリームが勝ち、2着に5番人気のベストウォーリア、3着に1番人気のカフジテイクが入り、人気馬決着となった。ゴールドドリームは、最後の直線に入ると末脚を活かし、見事G1勝利を掴んだ。最後の直線勝負は、やはり中央競馬らしい見せ場であったと思う。

 

– netkeiba.com
第34回 フェブラリーステークス

“結果的にゴールドアリュールへの鎮魂レース 2017年フェブラリーステークス” の続きを読む

荒レル金杯遠キニケリヤ 2017年中山金杯

本日(2017年1月5日)、中央競馬が開始され、本年のスタートが切られました。毎年恒例の東西金杯が行われ、待ちに待っていた競馬ファンも多かったかもしれません。

 

わたしも、ご多分に漏れず、東西金杯に投票しました。まず、中山金杯に関しては、いつものようにガミってしまい、儲けとはなりませんでした、一方、京都金杯においても同様ですが、お話にならない程のガミリであり、こちらはこれで終わりにします(笑)。

“荒レル金杯遠キニケリヤ 2017年中山金杯” の続きを読む

願わくば 3.6倍 キタサンブラック 2016年ジャパンカップ

昨日(2016年11月27日)、東京競馬場でジャパンカップが行われ、キタサンブラックが勝利しました。スタート直後から先頭に立ち、見事ゴール板前を駆け抜けました。一番人気が勝ったことで、おそらく多くの人が喜んだかもしれません。

 

ジャパンカップ後のセレモニーでは、騎乗した武豊とともに、馬主である北島三郎も、登壇していました。お馴染みの「まつり」を披露し、生観戦していた人ばかりでなく、わたしのようなテレビ観戦していた者でも、十分楽しむことができたのではないでしょうか?

“願わくば 3.6倍 キタサンブラック 2016年ジャパンカップ” の続きを読む

心に残っているエリザベス女王杯は、タケノベルベットとディアデラマドレ

次の日曜日(2016年11月13日)、京都競馬場でエリザベス女王杯が行われます。かつては、四歳(数え)牝馬三冠戦の最後を飾るレースでした。個人的には、マリアライトの二連覇、あるいは、二年連続連対馬になって欲しいと思っていますが、果たして結果がどうなるのか、今からワクワクしています。

 

しかし、エリザベス女王杯と言えば、タイトルにもあるように、タケノベルベットとディアデラマドレの姿が心に残っています。タケノベルベットは、わたしの第一次現役時代に勝利した牝馬であり、ディアデラマドレは第二次現役時代に関わる競走馬です。

“心に残っているエリザベス女王杯は、タケノベルベットとディアデラマドレ” の続きを読む