端枠の出る紐荒れレース?! 勝島王冠 大井競馬 2018年

本年(2018年)12月5日(水)に勝島王冠が実施されます。2009年に準重賞として行われていた勝島賞が重賞に格上げされ、勝島王冠となりました。今回で第10回目の開催で、比較的新しい重賞レースでもあり、しかも今回でSIIIからSIIに格上げされました。

 

南関競馬所属馬の限定レースですが、勝ち馬には年末恒例の東京大賞典への優先出走権が付与されるため、興味深いレースでもあるでしょう。

 

大井競馬場の1800メートル外回りで行われ、一般的には第一コーナーまでの距離があるため、枠順の差がないと言われています。しかし直線が長くペースが安定しやすいため、先行逃げ馬が有利な面もあるようです。

 

大井競馬場

 

では、勝島王冠ではどのような結果になっているのでしょうか? 以下、過去9年分の成績になります。

 

・2009年:ダ重
1着:8枠15番、2着:7枠13番、3着:8枠16番

・2010年:ダ稍重
1着:3枠5番、2着:8枠15番、3着:7枠14番

・2011年:ダ良
1着:4枠7番、2着:1枠1番、3着:5枠10番

・2012年:ダ不良
1着:5枠10番、2着:8枠16番、3着:7枠13番

・2013年:ダ不良
1着:7枠13番、2着:3枠6番、3着:5枠9番

・2014年:ダ不良
1着:6枠11番、2着:2枠3番、3着:4枠7番

・2015年:ダ重
1着:2枠4番、2着:2枠3番、3着:1枠1番

・2016年:ダ稍重
1着:7枠12番、2着:5枠8番、3着:8枠13番

・2017年:ダ稍重
1着:4枠8番、2着:7枠13番、3着:1枠1番

- 勝島王冠 検索結果 (JBISより)

 

ざっと見たところ、毎年1・2・7・8枠のどれかが、3着以内に絡んでいるようです。言い換えれば、端枠が出やすいレースであり、有力馬が入れば、要チェックと言えないでしょうか?

 



 

次に勝島王冠のレース傾向を分析レポートから見てみましょう。こちらも重賞に変わった2009年以降のデータを元にしています。まずは重要点のまとめからです。

 

1)前評判の低い馬
2)高齢馬の評価
3)前走をチェック

- 第10回 勝島王冠(SII) (分析レポート:TCKサイトより)

 

1)については、単勝人気に関してです。1番人気馬は3着内率が77.8パーセントあり、実に信頼のおける数字でしょう。しかし単勝4番以下の馬は過去27頭中13頭が3着以内に入っています。紐荒れしやすいレースと言えるかもしれません。

 

2)は高齢馬が苦戦していることです。8歳以上で見ると、3着内率が7.1パーセントしかなく、1割にも満たしていません。7歳馬であれば21.4パーセントあるため、8歳以上は評価を下げておいた方が無難かもしれません。

 

大井競馬場-G-FRONT

 

3)に関しては、4つのポイントがあります。

まず前走の連対馬が好成績を上げているようです。2着以内の3着内率が43.2パーセントあり、3から6着内でも17.8パーセントあります。単純に前走6着以内の馬は6割以上の確率となり、かなり信頼できるようです。

次に前走の距離が1800から1900メートルを走っていた馬が、好走する傾向です。1800から1900メートルを走った馬の3着内率が34.2パーセントであり、2000メートルであれば16.7パーセントです。前走1800メートル以上を走った馬は注目と言えるでしょう。

3つ目に前走の上位人気馬が強いとのことです。人気で見ると、単勝2番人気以内の3着内率が36.7パーセント、3から6番人気が22.0パーセントとなっています。前走でも単勝6番人気以内が熱いということでしょう。

最後に前走の脚質が重要であるようです。最終コーナーを4番手で回った馬の3着内率が34.8パーセントあり、先行逃げ馬が有利なレースでもあるのかもしれません。

 

すでに勝島王冠の枠順が発表され、興味深い面子が揃ったと言えるでしょう。個人的には荒れるイメージがあり、分析レポートでも見たように、紐あれの傾向があるのかもしれません。

 

今でもありあり覚えているのが、2014年のレースです。最後の直線で人気薄のハブアストロールが雨の中を一気に突っ込み、ゴールを一番で駆け抜けました。ハッピースプリントが先頭に立っていたので、そのままだろうと思っていましたが、してやられました。(^o^)

 

果たして今回はどうなるでしょうか? 

 

非常に個人的なことですが、今回は現地で観戦予定です。G-FRONTからじっくりレースを見たいと思っています。個人的に注目している馬は、リッカルド、ヒガシウィルウィン、そして、ユーロビートです。

 

大井競馬場